作業服の中には防寒性能が高いものも

作業服は非常に多くの種類が存在し、特徴や用途ごとに使用される現場や職業が異なります。基本的に着心地に優れ、動きを妨げない機能性を備えた作業服は、仕事に集中しやすく現場で安全に使用できます。一年を通して一定の室温に保たれた屋内での仕事ならば、季節に関係なく使えるアイテムがおすすめです。屋外での作業を行う場合、季節に合わせた素材や形状を選ぶ必要があります。

春夏向けの場合、快適に過ごせるように通気性や涼しさに優れたものが最適です。汗をかいた時に肌へ生地がくっつかず、生地が汗を吸って乾かしてくれる吸水性や速乾性があるタイプが多く見られます。秋冬向けの場合、動きやすさに加えて防寒や保温性が大切です。気温の低い季節というのに加え、地域によっては降雪があったり、夜は非常に気温が低下する場所があります。

そういった場所で仕事を行う場合、防寒機能と共に、長時間の作業で体温を保つ保温性も重要です。素材を厚くするだけでは動きづらくなるため、防寒・保温力の高い素材を選ぶ必要があります。形状として多く見られるのが、セパレートタイプとつなぎタイプです。セパレートは上下が分かれているタイプの作業服で、自由に組み合わせることができるのが利点です。

個性が出しやく、気温や環境の変化に合わせて上下の着方を変えることができます。つなぎタイプは上下が一体型になっているのが特徴です。仕事によって便利に着られ、自動車やバイクなど車両の整備を仕事とする人が着用しているのが多く見られます。静岡駅で洋服お直しのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.